「発酵」という「腐敗」を考える

「発酵」って「腐敗」は
中学の理科で学んでから
から身近に受取るヒューマンもいるかと思われます。

但し、これらのズレについて再びおっしゃるといった
「さぁ~」というヒューマンもいるかもしれませんね。

一般的な思い込みにおける
「発酵=嬉しい空気」「腐敗=低い臭い」と
簡単に割り切れないものもあるからです。

例えば、大豆夕食の代名詞「豆腐」は
耳よりが腐ると書きますが、スゴイ陳述で
大豆の新鮮な異臭を楽しむことができます。

一方、おんなじ大豆夕食の「納豆」は
身体に嬉しい夕食としても知られていますが
あの独特のニオイが下手くそというヒューマンもいて
「発酵=嬉しい空気」は言い切れないですね。

チーズやヨールグトも同じで
採り入れる機会が安い年の人の時折
下手くそというヒューマンもいるかもしれません。

言い出しを元にもどしますが
食べられる・食べられないというラインは
ニオイが凄まじく関わりますが
ニオイだけでは判断できないことがわかります。

でも、ニオイがよくない小物に対して
敬遠したく罹る気持ちになるのは
仕掛け予測技能がはたらくからかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です