いつか 私もいく路地 たどる路地 仲良く行きます

二年齢に一括払いの介護規定がありました。日常のニュアンスを見て頂くのですが、見知らぬサイドの視察は、緊張するのでしょうか不思議に元気になるようです。今回も多分にもれず、情緒生き生き、心身ともにどうしたのかしらという程に、切れの良い言動。

延々と質問をされると、テキパキと、はっきりとした語調で答えるのですから、ありがたいやら困ったやら。今日の日数を忘れ、大変、今日歯医者が来るというゼロウィークも前に大騒ぎするのに、日数をばっちりと答えます。病棟で、自ら検索の為バースデーを聞かれて十年代も若返ったりするのに、うんという答えを応じるのです。

絶えずは、違うのですがという言語を添えて、元気に規定事務を終えましたが、さて、結果はどんなにって、状態に見合った介護規定がでるかどうかといった、それはそれで心配です。人間の持っている技能って申しましょうか、ポテンシャルと言っていいのか、もしかして、今は介護規定2の自らも、隠れた力を秘めるのではないかとドキドキします。

元気であった辺りの、日常の姿を、すでに五年齢以来経つのに、払拭することはまずまずできず、些細な事に、どうしてを言語と心の中で連発しておる日毎。はじめてこの頃、どうしての頻度が少しづつ収まり、今日を盛り込みつつあります。時は、偉大な師範だ。どうという呼ぶ心のささくれを手厚くなでて、いつしかま歩く、まあるくしてくれているようです。

いつかいく流れ、たどる流れ。仲良く行きます。http://www.idocw.com/