20代末に出会った、明快すぎるスキンケア

ティーンエージャーの時は何で大人の女性があれこれと塗りたくるのかよく分かりませんでした。沢山あるボトルは全員同じに見えて心底驚きだったものです。けど20金を過ぎてお肌はパッといった急降下、お風呂から上がれば必死の形相で高いビューティー液をすり込む…。気が付けば驚きだったおばさん陣と同じ顔付きで鏡を睨みつけていました。あれもこれもといった買ったスキンケア機械は随分表皮に合うものが無く、価格の良いクリームは惜しいからと切り開いて扱う状態。このままではスキンケアだけで元手も時間も食いつぶしてしまうと不安を抱えていたケース出会ったのが表皮断食のウェブページでした。「何もしない」スキンケア。初めはそんなもの実現するはずがないといった心底疑っていました。けどスキンケアに伴う刺激に疲れ果てていた身は、すがるような気持ちで表皮断食を始めたのです。出来るだけメーキャップはしない、してものせる程度でメイクは石鹸で休みにする…シャンプーは水で…。顔付きを石鹸で洗うなんてって首をかしげましたが、本当は普通のシャンプー料によって顔付きが乾燥しないのです。ですからメーキャップ水は取り除けるわね、メイク落としも…。手当てに面倒がかからず楽なので、自然と表皮断食を続けて気が付けば手伝い機械は減っていました。必ず押し隠すことをやめたお引き立てなのか自然と自分の表皮って向き合えるようになり、想いも前向きに。ある日「どうにも近年嬉しいし綺麗になったよね」といった馴染みに言われてはたして嬉しかった。スッキリしたメーキャップ机を見て、あのケース表皮断食に踏み出してよかったという何度も思っています。色白な肌になるには日焼け対策は必須。すでに日焼けしているなら美白成分が入った化粧品を使う。